top of page
検索
  • 執筆者の写真Wakana Nagataki

特大サイズの茶碗蒸し


この光景を見ると「あ。今日の午後からはお休みだ」と思う。

火曜日の朝の一コマです。


ご宿泊の方への朝食は和食を提供しているのですが、

火曜日の朝は余った卵液すべて使って、

特大サイズの茶碗蒸しをシェフが私用に作ってくれます。

いつもの器では小さいのでドルチェを盛り付ける取っ手付きのかわいい器に、

なみなみと!


それは火曜日~水曜日に定休日を頂いているため、在庫処分も兼ねているのですが、

茶碗蒸しが大好物な私にとっては大変ありがたい!

(内心、今週も茶碗蒸し余ってくれないかな~と思ってたりします)


朝食のメニューの一つに並んだのも私の提案がきっかけでした。

ふわふわでじゅわっとだし汁がしみ出るような卵焼きもまた嬉しいですが、

つやつや、ぷるぷるの茶碗蒸しが朝から出てくると、

もう一つテンションの上がり方が違う気がしています。

お客様の反応もなかなか!


先日、スペインに留学中のお友達が一時帰国の際にottoに泊まりに来てくれたときに話してくれたんですが、

彼女はスペインの日本料理屋さんでお仕事をしていて、

メニューに茶碗蒸しがあるのだけれど、外国人の方にどうやって説明していいのか苦戦していると話していました。


「塩っぱいプリンです」とお伝えすると、

困った顔で「うーん。要らないかな」と言われるそうです。笑


どうやったら、あの美味しさを伝えらるのかな。

実際に食べてもらうしかないのかな。

外国にも似たような食べ物ってあるのかな。


私もお料理のご案内をするとき、確かに美味しいのは分かるのだけれど。

どうやってその味と美味しさを伝えたらいいのか。日々悩んでおります。


話はそれましたが、今回のブログでは定休日の朝、otto定番をお届けさせていただきました。




閲覧数:79回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page